「自分で自分の首を絞める」とはこういう事。

18日夜に埼玉県川口市並木2丁目のマンションの一室であった爆発で、

この部屋に住む40代の男性が

「部屋にガスを充満させたが、我に返り、窓を開けた後、たばこを吸ったら爆発した」

と埼玉県警に話していることが、捜査関係者への取材でわかった。

男性が自殺を図っていた可能性もあるとみて、県警が爆発した原因を調べている。

 

警察や消防によると、爆発があったのは、18日午後8時25分ごろ。

この爆発で、この男性を含むマンションの住人や通行人など少なくとも

6人がけがをした。

いずれも命に別条はないという。  

 

マンションは15階建てで、爆発があったのは3階の部屋。

この部屋は天井がはがれ落ちるなど大きく損傷し、コンクリート製のベランダも

吹っ飛んでなくなっていた。

玄関や付近にある屋外階段の手すりもぐしゃぐしゃになっていた。

周囲にはガラス片などが散乱し、付近の店舗でも窓ガラスが割れるなどの

被害が出ていた。  

 

現場マンションから約50メートル離れた場所にある中華料理店の女性は

「突然ドカンという爆発音がして、地震かと思うような揺れを感じた。外に出たら、

白い煙が外に広がっていた」と話した。

 

自殺するなら少なくとも他人に迷惑はかけないで頂きたい。

失敗した末に、ガス部屋でタバコを吸うなど迷惑極まりない。

結局、多額の補償が付いて回る。

バカな考えは改めて、真面目に生きる事です。

人を死なせておいて、何が「県政」だよ!

兵庫県の斎藤元彦知事は16日の定例会見で、自身に危害を加えるとの

メッセージがあったため、同日の公務を中止したことを明らかにした。

斎藤氏のパワハラ疑惑を告発する文書を巡って県政運営の混乱が続き、県庁に

多数の脅迫電話もかかっているという。

 

会見で斎藤氏は「私のみに危害を加えるというメッセージが送られている」と言及。

同日の公務について「安全上の観点から中止とした」と述べたが、

詳細は「差し控えたい」とした。

 

疑惑を巡っては、告発文書を作成した元県西播磨県民局長の男性が(60)が

7日に死亡しているのが見つかった。

同日以降、県庁には千件以上の批判や問い合わせが寄せられているという。

 

この知事の口癖は「県政を前に進める」。

こんな奴が県政?

ふざけてますよ!

人間を大切にしない奴は、人間のトップに立っちゃいかんのです。

人を死なせた代償、払って下さい!

公費とか云々より、自分のポスター代ですよね?

7日に投開票された東京都知事選で次点だった前広島県安芸高田市長の

石丸伸二氏(41)が10日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。

敗訴が確定した選挙ポスター訴訟について言及した。

 

2020年の広島県安芸高田市長選で初当選した石丸前市長から、選挙ポスターの

製作を受注した広島市の会社が、代金の未払いがあるとして石丸氏に約72万円の

支払いを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷は、石丸氏側の上告を受理しない

決定をした。

5日付の決定で、石丸氏に約72万円の支払いを命じた一、二審判決が確定した。  

 

一、二審判決によると、石丸氏と会社側は20年7月に契約を結んだ。

当時、報酬額に関するやりとりはなく、会社側は同8月、報酬額を約102万円とする

見積書を送付した。

公費負担分の約34万円のみが支払われた。

 

石丸氏側は「報酬が公費負担で収まるとの合意があった」と主張。

昨年5月の一審広島地裁判決は、そのような合意があったとは認められず、

会社の見積額には相当性もあるとして、石丸氏が支払い義務を負うと結論付けた。

同12月の二審広島高裁判決も支持した。  

 

石丸氏は、業者とのメールのやりとりの一部を公開した上で、

「断片的な情報がよくわからない評価を生んでいると感じました。合意のない

(公費負担を超える)金額を業者から請求されたので、異議を申し立てたという

事案です。合意した金額に後からクレームを言った訳ではありません」とつづった。

 

102万円が何故34万円の支払いになる?

バカなの?

公費負担だろうが何だろうが、請求された金額を支払うのが当然の義務です。

自分の宣伝費用である、ポスターの代金ですよ?

こんな奴が政治家?

バカげてます。

命を捨てる女。許せない!

 

 

 

こんな奴が妊娠して出産する事に憤りを感じます。

まだ赤ちゃんが助かって良かったけど、あり得ないでしょ。

命を捨てるんだよ?

しかも自分の子です。

 

この女、極刑じゃなかったら許せません!

不起訴になってもねぇ。

サッカー・フランス1部リーグのスタッド・ランス所属の伊東純也選手(31)が

女性2人にわいせつな行為をしたなどとして告訴された問題で、大阪府警は2日、

伊東選手を準強制性交などの容疑で大阪地検書類送検した。  

関係者への取材で分かった。

同地検は不起訴とする公算が大きい。  

 

府警は同日、女性2人も虚偽告訴容疑で書類送検した。  

 

女性1人は1月、伊東選手が2人を酔わせ、抵抗できない状態にした上で

無理やり性的な暴行を加えたとする告訴状を提出。

これに対し、伊東選手側は、女性の訴えに反する証拠があり、無理やり行為に

及んだ事実はないとして、2人の訴えは虚偽だと告訴した。  

 

伊東選手の送検容疑は2023年6月、大阪市内のホテルで女性2人に

わいせつな行為をした疑い。

女性2人の送検容疑は、告訴内容に客観的事実と異なる内容が含まれていた疑い。  

 

伊東選手は22年のW杯カタール大会に日本代表として全4試合に出場。

「デイリー新潮」が女性らとの性的トラブルを報じた後、今年2月に日本代表から

離脱した。 

 

結果的に不起訴になったとしても、イメージ的には回復出来ないと思います。

同意のもとにそういう関係になったとしても、恨まれるような出来事があったのは

否めませんから。

プライベートも真面目に、健全に過ごした方が身の為という事です。

警察官なのに?

東京・JR新宿駅の交番近くで警察官が50代の女にハサミで襲われ転倒し、

一時意識不明になりました。

女は、現場に駆け付けた別の警察官に確保されました。

 

捜査関係者によりますと、午前5時すぎ新宿駅西口交番の前で50代の男性警察官が

路上生活者とみられる50代の女に声をかけました。

女がハサミを取り出したため警察官が距離をとろうとしたところ、

転倒して後頭部を打ち意識を失いました。

女は警察官の胸をハサミで複数回突き刺そうとしましたが防刃チョッキを着ていて

無事でした。

女は、駆けつけた別の警察官に確保されました。

 

警察官は病院に搬送され、意識を回復しているということです。

警視庁は殺人未遂の疑いも視野に調べています。

 

路上生活者に襲われる?

警察官がそんなどんくさいの?

 

一応この警察官は被害者ですが、結構マヌケですね。

人を殺害しておいて無罪?あまりにもバカバカしい。

 

 

身勝手な思いで愛したはずの女性を殺害する。

どう考えればいいのか分かりません。

気持ちの整理など、付けようがない。

容疑者に出会っていなければ、命を奪われる事は無かった。

こんな奴、許せるはずがない!

死刑でも無期懲役でも絶対に許せません!