言葉の暴力もあります。

サッカー浦和レッズのサポーターが、上西議員の事務所に殴り込み?

なっていうニュース。

完全に自業自得です。

 

カッとなって吐いた言葉が、サポーターの逆鱗に触れた。

そして殺害予告まで飛び出し、警察に被害届を出す始末。

 

それでもまだ威嚇する上西議員。

 

言葉の暴力もあるのです。

議員なのに人の気持ちも分からないとは・・・。

 

あの女も痛い目に遭わないと分からないのね。

いや、遭っても分からなさそう・・・。

 

任期中だろうと関係ない。

政治団体「新党大地」代表鈴木宗男氏の長女、鈴木貴子衆院議員が

第1子を妊娠していることで、祝福するコメントが多数を占める中、

任期中の妊娠について、批判する声もあるらしい。

 

公人だから。という理由だと言うが、何故だろう。

 

公人は任期中に妊娠してはいけないのだろうか。

 

少子化が懸念されるご時世、鈴木氏自らも多少なりともリスクを背負っての

妊娠になるのに・・・。

 

タイミングはその夫婦にしか分からない。

タイミングを逃せば、子供に恵まれないかもしれないからね。

 

任期中だろうと関係ない。今は産まれてくる赤ちゃんの為、母になる為の

時間を大切にするだけです。

そんなに強気でいいの?

レゴランド・ジャパンの隣で3月末に開業し、約50店が入る商業施設

「メイカーズ・ピア」の出展者から聞こえる悲鳴が後を絶たない。

 

ただでさえ割高と言われる入場料なのに、再入園できないシステム。

それに加え週休制度をレゴランド側が設定した事で、メイカーズ・ピアの客足も

まばらになっている。

 

レゴランド側は再入園を拒否しているが、あんなに高い入場料なのに、ターゲットは

小さい子供と親がほとんど。

 

そんなに強気でいる意味が分からない。

レゴランドには、一度行ったら再度行く気にはなれない人が多数。

 

どこからそんな自信がわくのか。

周りの商業施設と協力して何か特典でもあれば、また客足は戻りそうな

ものだと思う。

勇気ある格闘家。

車で通りかかった格闘技「K―1」の選手の小宮山工介さん(30)が、炎が迫る中、ドアが開かなくなったトラックの窓ガラスをひじ打ちで割るなどし、周囲と協力して2人を救出した。

 

交通事故を目撃した所で、なかなか出来ないですよね。

 

しかも救出した5分後位後に、車は炎上したらしい。

 

勇気ある格闘家、小宮山さん。

お見事です!

潔い前川氏に対して。

加計学園問題について、前川氏の証人喚問が行われているが、

淡々と表情をあまり変えずに質問に答えている前川氏に対し、

安倍首相は不在。

 

そして関わったとされる人間は、ほとんど欠席。

 

こんな事で国民が納得できるはずがない。

勇気を振り絞って悪事を裁こうとする、元キャリアの誠意を

完全に無視。

 

潔い前川氏の告発、数少ない正義感ある文科省の人達の

気持ちをどうしてくれるのか。

 

徹底的に追及する術を直ちに準備して決着して欲しい。

 

プロの活動家と首相。どっちもどっち。

東京都議選の街頭演説を秋葉原で行った安倍首相。

 

首相に対し、「辞めろ」「帰れ」コールをしたのは、プロの活動家だと

いう声がある。

 

こういう威嚇じみたコールに対し、「あんな人達に負けるわけにはいかない」

と言い放った首相も品が無いけど、プロの活動家もどうかしてます。

 

集まった人の中には、心底自民党を応援している人もいます。

それなのに、拡声器みたいな大音量で自分達の考える事だけを

大衆面々の前で強行するなんてこちらもどうかしてます。

 

どっちもどっちですね。

首相だから問題なんです。

安倍首相が、「辞めろ、帰れ!」コールをした人達に向かって、

「こんな人達に負けるわけにはいかない」

と発言した、東京都議選演説での事に対し、菅官房長官

 

問題無い。

 

とコメントした。

 

マジですか・・・。

身内びいきの習性は、大敗した都議選後も全く変わっていませんね。

 

でも大間違いです。

国民の声を大切にしなければならない首相自ら、国民を敵に回す発言

をした事に問題があるのです。

 

どうして国民からそういうヤジが飛ぶのか、全く分かっていない首相。

これが一番の問題でしょう。