人の命を軽視した罪は大きい。

「体調不良の妻との生活に参っていた・・・」

 

千葉県の会社員、弥谷容疑者は妻殺害の動機を供述した。

今年3月6日に妻の捜索願を出した。

だが、その時すでに妻は殺された後だった。

 

実家に母親と遺棄し、何食わぬ顔で生活していたのが信じられない。

 

悪事を働いた代償は必ずやってくる。

この男と母親は、世間に白い目で見られながら刑務所内で臭い飯を

食べる事になる。

 

殺された妻の怨念と共に。

人の命は尊いもの。

軽視した罪は大きすぎると思う。

一度は愛した人でしょ!

またもや恐ろしい事件が起きた。

今年3月、妻の麻衣子さんの行方不明届を出していた、きらぼし銀行行員・

弥谷鷹仁容疑者は母親の弥谷恵美容疑者とともに、麻衣子さんの遺体を

自宅に遺棄してたと供述した。

 

SNSで情報提供を呼びかけ、いかにもケンカ別れをした夫の苦痛を

装っていた。

 

ケンカして殺すか?

人だよ?

一度は愛した妻でしょ?

 

しかも母親まで息子の犯行を手伝うって。

 

ゾンビだよ!

 

 

 

天国へ届いて欲しい。

福岡県筑紫野市の山中で飼っていたイヌの様子を見に行き、豪雨による土砂崩れに

巻き込まれて亡くなった山崎ツギ枝さん(68)。

 

面倒を見ていた犬3匹のうち、1匹が山中で見つかった。

衰弱はしているものの、元気だという。

 

最期まで犬の心配をしてた山崎さん。

この奇跡的な吉報が、天国の山崎さんに届いていると願いたい。

高くても国産!

土用の丑を前に、国産うなぎが売れ残り傾向にあるそうです。

 

宮崎県のとある養殖業者は、半年かけて育てたうなぎを出荷できないかも・・・。

と懸念している。

 

多くの飲食店が外国産に切り替えたため。

当初は足りないとみられていた出荷数だが、現実は多くの在庫を抱えるかも

しれないという。

 

個人的には高くても国産がいいけどね。

やっぱり日本のうなぎは絶品ですから。

家族だからダメ。

オウム真理教松本死刑囚の遺骨を巡って家族がざわついている。

 

報道では4女が引き取ると言われているが、他の家族は疑問視。

4女も戸惑っている状態らしい。

 

世間からすれば、松本死刑囚の家族も信用ならない。

今までどれだけの人をだまして殺してきたのか。

関係ないとは言い難い。

 

少なくとも、こんな犯罪をし死刑になった人の遺骨は闇に葬るべきで、

死をもっても足りない。

それを家族が引き取るなんておかしい。

 

家族だからダメなんです。

いくら縁を切ったと言っても信用できないし、家族に選ぶ権利も

ないと思います。

死刑だけでは足りない。

オウム真理教の松本智津夫死刑囚ら7人が、今日、死刑執行された。

 

異例とも言える7人の同時執行。

 

凶悪で最悪な犯罪を犯した代償。

死刑は当然だが、不透明な部分も多い。

 

あれだけの大罪を犯しておきながら、オウム真理教を引き継ぐ宗教団体が

今も存在しているのも遺憾。

 

オウムをにおわせる全てのものを、この世から抹消しなければ本当の意味での

解決にはならない。

 

犠牲になった人達が、死刑だけで納得できるはずがない。

ごみだと認識していない。

名古屋市中区で長年、「ごみ屋敷」として問題になっていた住宅があり、

名古屋地裁が3日、強制執行による物品の撤去を始めた。

 

近隣住民は安堵してることだろう。

 

長年異臭などに悩まされて来た人も、「やっと・・・」という表情。

 

親族から無償で借りていたという住人の男性は、さすがに諦めている様子だが、

きっとまたゴミ集めに奔走するはず。

一回撤去されてもまた繰り返すのがこういう人たちの習性だから。

 

当の本人は決して「ごみ」だと思っていない場合が多いのが実情です。